ハイジニーナ デメリット 痛み

ハイジニーナ脱毛のデメリット、肌が弱い人、痛みに弱い人は要注意!

ハイジニーナ脱毛の場合、デリケートな部分で肌も刺激に弱い部分です。
腕や足のムダ毛と違って、V、I、Oラインはムダ毛が濃い部分のため
照射のターゲットがしっかりしていて、他の部分に比べ痛みを感じることが多いようです。

 

たくさんの口コミを見てもほとんど人が痛みを感じているようです。
特にIラインは刺激を感じやすいのでいちばん痛みを感じるようで
「痛いっ!」「あついぃ!」と思わず声に出してしまう人も多いとか。

 

特にサロンのフラッシュ脱毛よりもクリニックのレーザー脱毛のほうが痛みは感じやすいようですので、
痛いのがイヤ!という方は脱毛サロンでの施術をおすすめします。

 

 

また個人差があるとは思いますが、脱毛したい部分が黒ずんでいたり、ほくろが多いなどの場合は肌トラブルになる可能性が高いためカウンセリングでそのことを必ず伝え、まずは確認してもらうようにしましょう。

 

ただ、カミソリや脱毛クリームなどを使って自己処理をしたことがある方なら経験があると思いますが
V、I、Oゾーンの自己処理はかなり難しいしめんどくさい。。。

 

そのためどうしても傷つけてしまったり、ブツブツになってしまったり、
ひどい場合は炎症が起きて痒くなってしまったりと、
肌トラブルになってしまうことも多いですよね。

 

さらに自己処理をしても同じように生えてきてしまうので、
何度も処理しなければならず肌トラブルのリスクが付きまといます。

 

そう考えると脱毛サロンでハイジニーナ脱毛をした方が肌へのトラブルやわずらわしさは少ないでしょう。
大切なのは肌への負担が少ない、肌トラブルになりにくいサロンを選ぶことです。

 

肌への負担が少ない⇒おすすめ脱毛サロンはこちら